ゆるくってもいいよね!

家族を愛しながらも自転車・家庭菜園・アウトドアを楽しむ日々を気が向くままに綴れたらいいな~

蟹淵⇒揚原山⇒高野山

どんどん山が好きになっていく黒豆です。



日曜は「里山ガイドハイク」に息子君と一緒に参加してきました。


今回は高野山と揚原山の2つの山頂を踏むコース。
前回の観音山に比べると距離があるので息子君がちょっと心配でした。


しかも、前日は雨
気温も低めだし登山道の具合も心配だったので、あまりに足元が悪ければ途中で下山も視野に入れてました。




国造の公園Pが集合場所。
義父を含め「能美の里山ファン倶楽部」のメンバーが6~7名
他、一般参加が11~12名
総勢19名が集まりました。


義父もそうですが、大半が60代~70代かな。
その中に黒豆を含め親子参加が2組、東京から参加の40代ぐらいの女性も1人いましたね。


集合場所から登山口までは距離があるので用意されている車で10分ぐらい移動。


挨拶と今日の登山のスケージュール、見どころ、などの説明の後に準備運動して出発です。


先ずは蟹淵(ガンブチ)を目指して歩きます。
雨上がりの登山道はかなりヒンヤリしてます。


「むかご」自然薯の実?
食べると青臭いがヌルヌルしてます。

名前忘れたけど食べました(笑)
ちょっと甘すっぱい


蟹淵へは沢が流れる急坂、苔が滑ります。


トンボの里らしいです。
普通は1000m以上の高所に生息する絶滅危惧種のルリイトトンボが生殖してるそうな。


蟹淵を抜けると広葉樹の林、落ち葉を道を歩く。



揚原山山頂


高野山へ向かう庵より


奥ちゃんの焦がしたホットケーキのようなサルノコシカケ


高野山からの下りは急坂のうえ沢があるので子供を抱える所もあって写真を撮る余裕なしでした。まあ、下りは注意が必要なんでファインダー覗いている暇なんて無いみたい。


9時半に入山し、15時に下山。
楽しい一日でした。


お土産にもらった柚子を最後に(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。