ゆるくってもいいよね!

家族を愛しながらも自転車・家庭菜園・アウトドアを楽しむ日々を気が向くままに綴れたらいいな~

めざせオリンピック!、、、(ウソ

息子君をオリンピック選手に育てる黒豆です。








嘘です(笑)


どんどんメダルが増えていく様子は手放しに嬉しいですね。
選手たちの苦労を察するなんて事は、黒豆ごときには烏滸がましく言えたもんじゃありませんが、努力が報われた選手たちはほんと良かったし、期待した結果を出せなかった選手たちもお疲れ様でした。


まだまだ競技は残っているので楽しく応援したいと思ってます。




さて、2/17の土曜は久しぶりに家族みんな体調も良く、仕事は休み、天候も比較的穏やか(雪が時折ちらつく程度) だったのでスキーに行ってました。
今回も車で30分程の一番近いゲレンデで息子君を3回目のレッスン。



到着して息子君のスキーをレンタルしてる間に雪が降ってきましたが天候が悪化しないとも限らないので吹雪かないうちに少しでも滑ります。


3回目ともなると息子君、何も言わなくてもビンティングを嵌めて準備しようとしてくれます。リフトへの移動もストックでなんとか前に出て乗ろうと試行錯誤しだしました。


リフトを下りたらボーゲン補助クリップを取り付けて


さあ!行って来い!


今日は最初から自由に滑らせてみます。


所が1本終わると「ロッジで休みたい・・・」???
もう1本リフト乗ったらと言い聞かせ2本目終わって降りも酷くなってきたので一度ロッジで休憩


息子君はロッジで待ってた母さんにフランクフルトをおねだり。



休憩の目的はそれだったのね(苦笑)
楽しくないのか心配して損したわWWW


食べ終わると速攻で滑ろうだって、げんきんな物です。



3本目は思い切って上の中級ゲレンデへ連れて行ってみました。


怖がると思ったら
「キレイだね!遠くまで見える!」全く動じた様子なし。
逆に「早く滑らせて!」だって。


普通は傾斜が一気に急になるので恐怖で足がすくむ所なのですが、スキーが楽しすぎて感覚がマヒしているようです(笑)


中級コースでは何度も転びましたが、嫌な様子は全くなく、最後まで滑り切り、おかわりの1本を所望。


中級コース2本滑ったので息子君が動けなくなる前にロッジで2回目の休憩。


興奮しながら母さんに楽しかった報告
私は持参したお握りを息子君の口へ。




奥ちゃん「そろそろ疲れてるだろうから怪我しないうちに引き上げよう」って言うも、お握り食べ終えた息子君、
「もっかい滑る!!!」  (笑)


説得するも、がんとして譲らない感じなので最後に中級コースをもう1本。


下まで降りる頃には足に力が入らない様子で曲がれない息子君。
だっこして向き変えたりしてどうにかロッジ前まで到着するも、「まだ滑りたかった~」っておいおい。




しかし、スキーで「まだ滑りたかった~」って言ってくれて嬉しかったです。
中級コースも平気だったので安心してスキーに連れて行けます。



体操クラブ(幼児クラス)にも通っているので、将来はエアーを仕込んでもらってモーグルでオリンピック・・・


はい、親バカですね(笑)
楽しく一緒にスキーができるだけで十分です(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。