ゆるくってもいいよね!

家族を愛しながらも自転車・家庭菜園・アウトドアを楽しむ日々を気が向くままに綴れたらいいな~

もう一度やる決意

ロードバイク以外のことを書きたいって言っておきながロードバイクねたなんですが(笑


今月はじめ10/2にグランフォンド糸魚川に参加してました。120km・累積2300mを走る山岳フォンドですが過去4回完走(内3度は雨天)していたので練習不足で少々きついがなんとかなるさぐらいの気持ちでスタートラインに付きました。


当日は予定しいた連れが不参加で面識は薄いけど同じチーム内の若手の梅〇さんと走ることとなりました。


この日は前々日まで雨予報から打って変わった晴天。10月の早朝にもかかわらず半袖で十分な気温でした。今年はロードバイクに乗るのは早朝の涼しい時間に1時間程度って感じでしたからスタート前に暑くならなきゃいいなって思ってたんです。


しかし気温はどんどん上がり15kmの山岳手前でガーミンは25度を表示。本格的に登り始めると噴出す汗は止まらなくなりました。ジャージもグローブも汗が滴りボトルのドリンクはどんどん減っていきます。


1つ目の山頂を越え第1エイドに付くころにはボトルはかなり軽くなってました。給水とおむすび2個の簡単な補給を済ませ梅〇さんを待たせまいと直ぐに出ます。


次の第2エイドまでは峠を2つ越える難所。気温もうなぎ上りで体力がどんどん奪われ、急坂に足が削られます。途中ボトルも空になり息も絶え絶えで山頂の給水所にたどり着くもほぼ足は終わったように感じてました。第2エイドまでの長い下りで幾らか回復して欲しいと思ってましたが下りきっても無常に全く回復せず心拍は150bpmを下がりませんでした。


第2エイドは十分に補給し少しリフレッシュして出ましたが一度終わった足は簡単に復活してくれません。なだらかな丘のような坂でも簡単に梅〇さんに離され、下りや平地でも全く追いつけなくなりました。


私設カレーエイドで梅〇さんと合流できましたが十分完走できそうな梅〇さんの足をこれ以上引っ張ればれないと判断して先に行ってもらいました。



すでに食べるのがしんどいぐらいに疲れていましたがグランフォンド糸魚川の名物なんで少しだけですがカレーライスを頂き長めの休憩を取りました。


20分も休んだかな?これ以上は足きりが心配と思いペダルを踏みますが力は入らず急坂でもないのに160を超える心拍。カレーエイドから数キロ走って足きりポイントをクリアしましたが3~4%のなだらかな登りで右内腿が痙攣、すぐさま庇った左内腿も痙攣、全くペダルを回い。この先にはシーサイドバレースキー場へ向かう最後の難所・・・、ポキりと心が折れました。


参加したイベントで初めてもう走れないって気持ちになり、DNFを決めました。


走行不能ではないのでショートカットし自走でゴールを目指します。足きりポイントを通過して最後の難所を目指す人たちとすれ違いながら惨めな気持ちで下りました。


ちょっと踏むと痙攣しそうな足で平地20km/hも出せませんでした。結局ゴールまで足も心肺も回復しないまま、ヘロヘロになりどうにか戻ってこれました。


今まである程度は余裕を持って完走できていたイベントだったのでDNFはショックでした。


しかし、今年は2月に伊勢志摩200kmのブルベを走ってからは全くロングライドも登坂トレーニングもしていませんでした。今回のDNFは恐らく当然の結果だったのでしょう。と思うと同時に冷めていた自転車熱が再燃しました。このままやられっぱなしでは終われないってね!


すでに10月ですがトレーニング再開です。年内にロングライドをやれるだけのフィジカルを取り戻して年明け早々にはブルベにチャレンジです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。