ゆるくってもいいよね!

家族を愛しながらも自転車・家庭菜園・アウトドアを楽しむ日々を気が向くままに綴れたらいいな~

ホイールバランスをとる

加賀地方も桜が咲き始め暖い日が多くなってきました。



でも、まだまだ近辺の山や峠は入れる状態じゃないし十分体もできてないのでGW過ぎるぐらいまでは平地ばかり乗ってます。


って訳でBMC号はこんな状態



前60mm&後ろ70mmのかなりハイトのあるディープリム


見た目ごついですが割と軽いのでストップ&ゴーも苦では無いかな。クリンチャーなんでサンデーライダーは常用しております(笑)


そんでこれ、手組みなんですよ。
リム・スポーク・ハブを別々に買って自分で組み上げた物。


最近のホイールって既製品ばかりだから手組みに抵抗のある人も多いかと思いますが、ちゃんと走りますよ(笑)、、、アルミ・カーボン含めて10本以上組んでますがスポーク切れは1回だけ(しかも結線処理した物だけ)、300kmのブルベにも使っていますが振れが出るなんて事も無かったです。しかも当方85kオーバーのヘビー級なんで使用条件は相当悪い(苦笑)


そんで話しは戻って、このぐらいのディープリムになるとバルブも当然長くなるんです。
そうするとバルブ側ばかり重くなってホイールバランスが悪くなる。
これが結構酷くて、作業代に乗せてリアをペダル回して回転させるとマシンが作業台上で揺れるぐらい。  そこで、車と同じ様にホイールバランスを取っています。



このリム内側に張り付いている銀色が重り


やりかたは簡単、振れ取り台に乗せて軽く回して重い所が下にくる、反対側に重り付けて同じ場所が真下で止まらないようになったら均衡が取れたと判断する。


今回は前8g、後5gの鉛板を貼り付けています。


まあ、実際は体重のある人間が乗っているので走っている最中にマシンが暴れるなんて事は無いと思いますが、下りの高速域で安定している気もします。
自己満足かもしれませんが気になる人は試してみて下さい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。