ゆるくってもいいよね!

家族を愛しながらも自転車・家庭菜園・アウトドアを楽しむ日々を気が向くままに綴れたらいいな~

クロモリロードの組立②

4/15はシフト台座が無かったのでワイヤーを通すまでの作業で終わってましたので、続きです。



4/17にAmazonからシフト台座が届いたので夕飯を終えてからガレージで作業を再開。
またもや手が汚れていたので写真がありませんm(__)m


今日はシフトワイヤー・ブレーキワイヤーを通し、ディレイラー調整、各部の増し締めです。


しかし、昨晩に続いてまたもや塗装が行く手を阻みます(泣)


クロモリフレームなんで外装のケーブル受けがトップチューブとチェーンステーに溶接されているのですが、そのケーブル受けの中に塗装が!!
シフト・ブレーキのアウターキャップが入らない(泣)


もう、試行錯誤ですよ。
最終的には古いキャップをペンチで少しづつ圧入しては抜いて(塗装を痛めないようウエスで保護して)を繰り返して3ヶ所のケーブル受けを修正。


この頃にはショップにマル投げしなかったことを後悔してましたよ(苦笑)


どうにかシフト・ブレーキ共にアウターの長さを決め、インナーワイヤーも通しました。ブレーキ・ディレイラーにワイヤーを仮止めし、ディレイラーの調整です。



まずRDから始めましたが、どうもガイドプーリーとトップの歯がずれている。調整ボルトを最大限回してようやく修正できるぐらい。
組付け時になんかRD、曲がってない?って思っていたのですが間違いなさそうです。
最終確認と思い、ワイヤーを固定してファイナルローまで変速しますが9枚までしか移動しません。ディレイラーハンガーが曲がってます。しかも、かなり大きく。


この時点でもう脳みそ沸騰です。


22日にブルベに使うマシンが17日夜にまだ完成してない訳ですから焦ります。


最短で組立が完了できる方法を考えます。

  1. クラフテッドに持って行って修正させる。
  2. 近いショップに持って行って修正してもらう。
  3. 自力で修正する。

17日夜なので”1”、”2”は翌日以降に出向かなければならないが日中は仕事で身動きが取れないし、残業ある。しかも福井まで往復の交通費やショップの工賃もバカにならない。


”3”は工具があれば簡単にできるはずだが持っていない

パークツール(ParkTool) ディレーラー直付ゲージ 20~29インチ DAG-2.2
パークツール(ParkTool) ディレーラー直付ゲージ 20~29インチ DAG-2.2
PARKTOOL(パークツール)
スポーツ&アウトドア

少々高いし19日まで待つ必要があるが、「今後オーバーホールで使える」と
自分を納得させてポチリ


なので17日夜の作業はここまで


この日は脳みそ沸騰して「クラフテッドめ!」って気持ちになったが恐らく溶接でディレイラーハンガーなんて物の垂直・平行なんて出るはずは無く、組付けの際に直す事が前提なんだろうと思う。
素人が趣味で専門的な作業をするって言うのはこういう事なんだと改めて思った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。