ゆるくってもいいよね!

家族を愛しながらも自転車・家庭菜園・アウトドアを楽しむ日々を気が向くままに綴れたらいいな~

BRM422中部300②復活とゴール

前回の続きです。


妻のLINEでやる気が復活した黒豆はPC2を折り返す。


徐々に夕暮れから闇に変る。気温も下がってきて肌寒くなってきたが、日中25℃を超える時間帯もあったのでそれ思うと走りやすい。
久しぶりのナイトライドは快調でした。涼しく、余計な景色に惑わされず、ペダリングに集中できる。夜闇が好きだったことを思い出した。


途中電話をして妻と子供に「おやすみ」を言ってまた元気をもらう。



21:50、PC3に到着。ここまで約220k
PCクローズが23:40なので1時間50分まで貯金を増やせた。
残り85kを6時間ならなんとかなりそうだ。
腹ごしらえにカップ麺をすすり、リポビタンDで景気を付ける。



PC3を出ると長い長い登り
当然、インナーローでただただ耐え忍ぶのみ
だが、寒い
異常に寒い


道路に設置されている気温計が5℃を表示している。
コンビニで長袖ジャージ・長指クローブ・ネックウォーマー・トゥーキャップで防寒対策。荷物になるので持とうか迷ったが役に立った。


日中、生足・指無しグローブだった小さなサドルバックの人たちは大丈夫だろうか?なんて最初は考えていたがさらに気温は下がり飯田街道の長い下りは3℃。つま先の感覚は無いし、長指クローブとは言えウインター仕様では無いからシフト・ブレーキ操作が怪しくなる。ツールボトルに薄手のナイロン手袋を汚れ避けに入れていたの思い出しグローブの上から被せると指だけはましになった。



下りきると最後の難所、雨沢である。
この頃には道路の気温計は1℃、疲労と寒さで動かない体をどうにか気力で押し上げる。
3時を回ると登っている最中に意識が飛び始める。


ようやく登り切ると、さらに極寒中を登った分だけダウンヒル。
体力はすでに限界を超えている。下っている最中に瞬間的に意識が飛ぶ場面も、、、


そして、恐怖のダウンヒルを耐え切ると「道の駅、瀬戸しなの」はすぐそこ。



4:16、ゴール
19:16でBRM422中部300を完走


完走した嬉しさより、無事戻ってきたことに安堵しました。



疲れた体を引きずりなが車に戻り撤収。
寒さを癒すため6:00からやっている温泉へに入って帰りました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。